自動車を解体にする前に参考にしてください。

自動車を解体する前に > 自動車解体の流れ

自動車解体の流れ

それでは、自動車解体の流れをご説明しましょう。

まずドライバーの廃車したい自動車を引き取ってくれるところは
大きく分けて何種類か存在します。

ディーラーなどの新車を取り扱う店舗、中古車を取り扱う店舗や買取専門店、
修理工場、そして、専門の解体業者です。

いずれでも引き取ってくれますが、自動車解体業を行っていないと、
中間マージンが発生しますので、ご注意ください。

無事に解体業者の手に渡ると、解体前にまず、「液抜き」といわれるものが行われます。

フロンガス、エンジンオイル、オートマチックオイル、エンジンオイル、
パワーステアリングオイル、不凍液、ウォッシャー液などの廃液を抜き取ります。

これら廃油でも再生処理できる業者が存在します。

またこのときに、バッテリー、タイヤも取り外されます。

次の段階で、再利用可能な部品ごとに自動車を分解していきます。

業者によって差がありますが、業界平均で約50品目に分類されます。

これは、エンジン関連や各パーツ関連などの商品として販売されるものもあれば、
アルミや銅などの素材として卸されるものも存在します。

ボディなど、残った部分はプレスされ、鉄の原材料として生まれ変わります。



解体するような自動車でも買取ってもらえます。

廃車 買取

廃車・事故車 一括査定.jp

色々な廃車業者から一括査定できるサイト。
一番条件がいい会社を自分で選ぶことができます。
まだ動く車を買取査定
事故車を買取査定